ドラムの豆知識特集!ドラムを楽しむ

どんな楽器にも共通して言えることですが、新しく何かを始める時に必要なことは楽しいと感じることであるといえます。

ドラムの楽しさを感じるまでには、始めてから最初の3カ月が重要だったといわれています。一般的には3カ月ほどで最初の曲を一曲完成させることができるからです。音楽と一緒にたたく楽しさや、ほかの楽器と合わせる楽しさを感じることができるでしょう。

ドラムには主に三つの楽しみ方があります。

一つ目は個人で楽しむ方法です。個人的に練習を行い、音楽スタジオなどで好きな曲を流して、一緒にリズムを合わせて楽しみましょう。あこがれの曲を演奏できるようになったときには非常にうれしいものです。

二つ目にはバントで楽しむ方法です。個人での練習に慣れてきたら、友達などを誘ってバンドを組んでみると良いでしょう。メンバーと一緒に合わせることで、個人で演奏するだけでは感じられない一体感を感じることができます。毎週、曜日を決めて練習を行い、練習を楽しんだ後には、お酒や食事を一緒に楽しむのもよいでしょう。

三つ目はライブで楽しんでみましょう。バンドを組んで、楽曲が完成してきたら、ライブハウスなどでライブを行ってみるとよいでしょう。今までの成果を十分に発揮できる場所がライブハウスやレストランなどの会場であるといえます。自分の叩いているリズムでみている人たちをひきつけることができれば、このうえない気持ちよさを感じることができるでしょう。またライブの後の打ち上げも盛り上がることでしょう。

このように、バンドの真ん中でドンと構え、たくさんの太鼓やシンバルなどの打楽器に囲まれて、上手にスティックを操る姿にあこがれる人も多いのがドラムです。しかし、練習するにも、こんなにも大掛かりなセットを購入するのか、どこに置けばよいのか、高額な費用がかかるのではないかなどのような思いから、実際にやっている人は、他のバンドの楽器に比べると非常に少なくなっています。

バンドのメンバーを募集している場合にも、ドラマーを募集しているバンドが非常に多くみられるものです。ドラムは自分の置かれた環境に合わせた練習方法で、確実に上達させることができるのです。もしも挑戦してドラマーとしてマスターしたとなると、様々なバンドからひっぱりだこになることでしょう。

ドラムはバンドの中でも圧倒的な存在感を持っています。バンド全体のリズムのかなめであり責任も重大であるといえるでしょう。役割はもちろんリズムを出すことです。バンドのその曲がどのような感じの曲になるのか、一番大切なのがリズムであるといえます。その大切なリズムをはっきりと出していくという重要な楽器であることがわかります。

実は曲を演奏するうえでリズムというものはとても重要なものです。ギターやボーカルがどんなに上手だったとしても、ドラムやベースが頼りないと、そのサウンドはとても低いものになってしまうのです。

反対にドラマーやベースが安定したリズムを出していくことで、ギターやボーカルの技術がうまくなくとも、全体としては非常によく聞こえるものなのです。どの楽器でもリズムは大切ですが、ドラマーは特に重要となります。

バンドの中で、ほかの楽器は、ドラマーのリズムを頼りにしているので、ドラマーはしっかりとしたリズムを出す必要があります。曲のイメージを左右するのがリズムであり、アレンジをする場合にも、どんなリズムにするかを最初に決めていくものなのです。

このように非常に重要な役割を担うドラマーですが、輝けるドラマーとは、自信のあるドラマー、音色がよいドラマー、メロディーを大切にするドラマーなど、様々です。どんなドラマーになるにしろ、自分の信念をもって取り組むとよいでしょう。

スポンサーリンク
adsense
adsense
スポンサーリンク
adsense